水素が残りやすい水素水ランキング

トップページ > 進化する水 水素水H2(伊藤園)

進化する水 水素水H2(伊藤園)

伊藤園の進化する水「水素水H2」は、岐阜県にある日本三大清流のひとつ、長良川水系の地下天然水に1.6ppm以上の高濃度の水素を充填してつくられた水素水です。使用されている天然水は、硬度40の軟水であるため、のどごしが軽くて滑らかな味わいが特徴となっています。もちろん、無味無臭なので、朝の起床後やスポーツ時など日常生活の様々なシーンで今まで飲んでいた水と同様に気軽に取り入れることができます。

「水素水H2」の製造過程では、伊藤園が独自に開発した特許製法(特許5746411号)が用いられています。特許製法により、水素水生成時には圧力をかけてできるだけ多くの気泡状の水素ガスを天然水に吹き込むとともに、水素分子が天然水の中に長時間存在でき、かつ水中から抜けにくい状態を実現しています。また、「水素水H2」の容器は、水素分子を通過させることがない頑丈な厚手のアルミニウム素材のボトル缶が採用され、容器内の水面とボトルキャップとの間に生じるスペースをできる限り最小限にとどめることで、水素が逃げにくくする構造上の工夫も凝らされています。

なお、伊藤園の公式サイト情報によれば、アルミボトルを開封した後には、天然水の中に含まれていた水素分子が空気中に徐々に抜けていくため、だいたい2時間から3時間以内には飲みきることが推奨されています。


 購入方法と価格情報

進化する水 水素水H2(伊藤園)

伊藤園の「水素水H2」は、インターネットの各種ショッピングサイトやコンビニエンスストア、スーパーマーケットで購入可能です。
アルミボトル1本あたり410ml入りで、定価は199円(税抜)となっています。
ショッピングサイトによっては、410mlのアルミボトル24本入りで4,795円(税込、送料無料)で購入できるところもあります。


 最初の水素充填量と賞味期限内の水素濃度

伊藤園の独自技術により、「水素水H2」の最初の水素充填量は1.6ppm以上となっています。また、水素水の製造工場出荷時から9カ月後の賞味期限に至るまでは、水素濃度は0.3ppmから0.8ppmに保たれています。消費者の手によりいったん「水素水H2」が開封されると、水素は徐々に空気中に抜けていき、アルミ容器のフタを閉めた状態で4時間から5時間程度経過した時点では、未開封時と比べると水素濃度が約半分に減少するという調査結果が伊藤園の実験により証明されています。